コラム

コロナワクチンを打つべきか迷われている方へ。

local_offerコラム

こんにちは。
横浜市青葉区の脳神経外科・内科、横濱もえぎ野クリニックです。

本日はコロナワクチンの接種を迷っている方向けの記事となります。
ご自身で決断されるきっかけになれば幸いです。


まず、前提としてワクチン接種は他人に強要されるものではありません。
接種する、しないの判断は個人の裁量に任されています。

ワクチン接種を迷っている理由には以下が挙げられます。
・本当に効果があるのか
・副作用が怖い
・安全性の不安
・注射が嫌

これに一つずつ回答していきます。


1.本当に効果があるのか

コロナワクチンは本当に効果があるのか?
https://www.ymc3838.com/column/1395/

上記はワクチン接種が進んでいる高齢者とそれ以外の年代のデータです。
爆発的に感染者が増加する中で、60代以上の高齢者は顕著に増加を抑えられています。

少なくとも現段階ではコロナに対して明確に効果が出ています。

今回の収束の要因はワクチン接種が浸透してきたことも理由の一つと考えられます。


2.副作用が怖い

全ての薬には副作用があります。
それは皆さんが普段飲む鼻炎薬や、風邪薬も例外ではありません。
多くの人が接種経験のあるインフルエンザワクチンにも副作用はあります。

そしてコロナワクチンもその例外ではありません。

コロナワクチンの場合は接種後(特に二回目)に倦怠感や発熱といった症状が見られますが
その殆どが12時間~48時間以内に治まります。

一部にハゲるといった情報もありますが、そういう方がいても不思議ではありません。
急ピッチで製品化した以上、副作用は解明されきっていない部分があります。


また、ワクチン接種後に死亡するというケースがありますが、
現時点ではコロナワクチンで死亡したと認定された方はいません。

実際にワクチンが原因で死亡した方が本当にいないとは限りません。
しかし、数千万人が一気に接種するのですから、接種直後に亡くなる方がいないはずがありません。
ワクチンに関係なく、そのタイミングで寿命を迎える方がいるということです。

ワクチンで死亡した方は、死亡したタイミングで人数にカウントされます。
よって、ワクチンに起因しない方が多数含まれます。
それを差し引いて考えたほうが良いかと思います。


3.安全性の不安

コロナワクチンは安全性が保障されていません。
これは厚生労働省も認めています。

ですが、極めて正直な回答だと思います。
本来5年、10年かけて作るものを、1年以内に製品化させました。
他のワクチンと比べて安全性が劣るのは当然です。

むしろ、こんな短期間で作って
安全性は保障されている、と言われる方が不気味です。

安全性に関しては結果を見るしかありません。

現時点では世界的に見ても、特に大きな問題は起こっていない。
これが今の段階での結論です。


4.注射が嫌

注射が苦手という方は一定数おられると思います。
特にコロナワクチンは筋肉注射なので怖がるお気持ちもわかります。

実際にどのぐらい痛いかですが、正直打つ人次第な面があります。
上手い人が打てば「何か刺さった、すぐ終わった」というレベルで全く苦になりません。

コロナワクチンの注射は量が少ないのです。
腕の中で膨れていくような感覚はないですし、「プシュ」っとひと押しされたら終わりです。

運悪く注射が下手な人に当たったとしても
地獄のような痛みとか、痛みで失神するとかそういうものではありません。

注射としては相当楽な部類に入るかと思います。


5.結論

結論は自分で判断するしかありません。

この事実は変わりませんが、ここまでお読みいただいた方へ
もう一つ情報をお伝えしてから締めくくります。


Q.医者はどうしているのか?自分にワクチンを打ったのか?

A.殆どの医者が打ったほうが良いと判断し実際に接種している。


2021年6月の段階で約9割のドクターが1回以上接種しています。

中にはワクチン打たれない先生もいますが、全体の1割以下です。


医者は危ないものだと思ったら自分には接種しません。
その医者の大半が接種を行っています。

日本の医者はワクチンを打つことが正解だと判断したということです。

TOPへ