めまい外来

めまいとは

めまいとは目が回る回転性のめまい、浮いているように感じる浮遊感のめまい、立ちくらみなどでふらつくめまいなど、めまいという症状はいくつかの種類に分けられます。
めまいを起こす原因も、平衡感覚をコントロールする内耳、循環器や内科的要因、脳疾患などに分けられます。
脳疾患によるめまいは、脳梗塞、脳出血、聴神経腫瘍などの脳腫瘍によって起こっていますので、できるだけ早期に適切な治療を受ける必要があります。こうした脳疾患は放置すると命に関わる可能性がありますし、命が助かっても深刻な後遺症を残すことが珍しくありません。めまいやふらつきが気になったら、ご相談にいらしてください。

めまいの症状
  • 回転性
  • 目がクルクル回る
  • 目が回って立っていられない
浮遊感
  • 地面がフワフワしているように感じる
  • 身体が浮いているように感じる
ふらつき
  • 頭がぼんやりしてふらつく
  • つまずいたわけではないのに足元がふらつく
  • 急に立ち上がるとふらつく

めまい外来について

めまい外来について問診で、症状の内容、頻度、持続時間、最初にめまいが起こった時期、症状の変化、めまいを起こすきっかけ、お悩みの点、病歴や服薬されているお薬などについてうかがいます。耳鳴りや難聴など、めまい以外の症状についてもうかがって、眼球の動きなどを観察します。

脳疾患の可能性があると判断された場合には、神経学的検査、MRIによる高度な検査を行って診断します。


めまいの原因

脳疾患によるめまい

脳幹や小脳に障害が起きてめまいを起こすことがあります。
ふらつき、浮遊感、揺れているような動揺感などが主な症状で、めまい以外に麻痺症状(立っていられない、まっすぐ歩けない、呂律が回らないなど)があった場合は一刻も早く受診してください。
疑われる疾患は脳出血、脳梗塞、脊髄小脳変性症、脳腫瘍などです。

耳の疾患によるめまい

耳は音を聴く機能だけでなく平衡感覚も担っています。そのため。耳に障害が起きてめまいを起こすことがあります。目がクルクル回るめまいは、目の異常ではなく内耳の障害によって起こります。
めまいに、難聴、耳鳴り、耳が詰まる耳閉感などをともなっている場合は、突発性難聴の可能性があります。突発性難聴は症状が現れてから1週間以内に適切な治療を開始しないと治せる可能性が大幅に低下してしまうため、早急な受診が不可欠です。他にも、メニエール病、良性発作性頭位めまい症、前庭神経炎などの可能性があります。

循環器など内科的要因によるめまい

低血圧、高血圧、不整脈、貧血などの循環障害、糖尿病などによる低血糖、パニック障害や不安障害などによってめまいを起こすこともよくあります。ふらつきや浮遊感、立ちくらみなどが主な症状です。低血糖の場合、めまいを放置してしまうと意識障害やけいれんなどを起こすことがあるため、緊急に適切な処置が必要になります。原因疾患の適切な治療を受け、循環障害や低血糖などを起こさないようしっかりコントロールすることが重要です。

TOPへ