高血圧

脳出血・脳梗塞を引き起こす高血圧

高血圧高血圧は、血管内の圧力が高い状態ですから、動脈血管に大きな負担がかかり続けます。それによって血管が分厚く、硬くなる動脈硬化を引き起こし、進行させます。動脈硬化が進行すると脳梗塞や心筋梗塞、狭心症、腎臓病などの発症リスクが上昇します。中でも脳出血のほとんどは高血圧によって発症するとされていて、注意が必要です。


高血圧リスクの高い方

  • 両親の両方・一方が高血圧
  • 肥満、糖尿病、動脈硬化がある
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 運動不足
  • 睡眠不足・睡眠の質が悪い
  • 慢性的なストレスがある
  • 不規則な生活を送っている
  • 喫煙習慣がある

高血圧治療ガイドライン(2019年4月発表)による降圧目標値

糖尿病や腎臓病などの合併症がない場合

75歳未満 130/80mmHg
75歳以上 140/90mmHg

以前に比べ目標値が10mmHg程度低くなっています。これは、大規模な調査によって、降圧を厳格にした方が脳卒中や心疾患のリスクを下げられることが証明され、そのエビデンスに合わせて変更されています。血圧をしっかりコントロールして、健康を保ちましょう。


更年期以降の女性は注意が必要です

男性が高血圧を発症しはじめるのは30歳代ですが、女性は40~50歳代に発症する方が増加しはじめます。女性ホルモンは血管の拡張を促進します。更年期になると閉経に向けて女性ホルモンの分泌量がゆらぎながら大きく低下するため、高血圧の発症が急激に増加します。一般的に更年期は45~55歳ですから、その時期になったら血圧に注意する必要があります。更年期障害の症状には、ほてりや発汗というホットフラッシュ、頭痛、めまいなどがありますが、血圧が激しく上下することもあります。
また、更年期からの女性ホルモン分泌量低下により、脂質異常症になるリスクも大幅に上昇します。それまでは健康診断などの結果に問題なかった方も、更年期を迎えたら生活習慣病に対する予防を意識することが重要になります。
高血圧や脂質異常症があると脳出血・脳梗塞などの脳血管疾患、狭心症や心筋梗塞といった心臓疾患になる可能性が高くなります。こうしたことを踏まえ、更年期になったら定期的に検査を受けて状態の変化をしっかり把握して、食事や運動などに気を付けるようにしましょう。


仮面高血圧

血圧は緊張すると高くなるため、一般的に家庭は低めに出て、診察室では高めに出る傾向があります。ところが、それとは逆に診察室では低めに出て、家庭では高めに出るケースがあって、これを仮面高血圧と呼んでいます。高血圧の治療を受けている方にもありますし、未治療の方でも起こります。
糖尿病と高血圧を合併している方を調べた調査では、約6割が仮面高血圧と報告されたこともあります。また、仮面高血圧があると脳梗塞や心筋梗塞のリスクが2倍になるという報告もされています。
仮面高血圧が認められる場合は、ご家庭で早朝に測った血圧値を基本にして治療します。1日のうち特定の時間帯の血圧が高くなるケースなどもあるため、降圧剤の服薬タイミングを決めるなどが必要になることもあります。


高血圧の治療法

血圧値や他の疾患の有無、生活習慣、ライフスタイルなどによって治療法は変わってきます。正常値に近く、他の疾患などがない場合には、食事の改善、習慣的な運動などが有効です。
他の疾患がある場合や、生活習慣の改善では血圧が十分に下がらない場合には降圧剤が処方されます。降圧剤が処方された場合も、食事の改善、習慣的な運動などは不可欠です。

  • 食事
  • 減塩
  • 適正体重にしてそれをキープするための摂取カロリー制限
  • 節酒・禁酒
  • 禁煙

3食を規則正しくとることも重要です。

習慣的な運動

1時間程度のウォーキングなど軽い有酸素運動を週に3回以上

TOPへ