嚥下外来

音声・言語・嚥下の異常

音声・言語・嚥下の異常は、神経や脳血管の障害によって起こっていることがあります。

発声障害

発生障害声は声帯によって生み出されます。声帯に異常があると声を出しにくい・声の質が変わることがあり、こうした状態は発声障害と呼ばれます。声帯を動かしている反回神経が麻痺すると声がれが起こります。反回神経麻痺は、ウイルス感染、のどや甲状腺、肺、食道などのがんなどによって起こることがあります。他に声帯がけいれんするけいれん性発声障害、声帯ポリープや声帯結節、声の使い過ぎなど、発声障害はさまざまな原因で起こります。発声障害の診断と治療が必要と判断された場合には、信頼できる耳鼻咽喉科をご紹介しています。

構音障害

発音には、喉頭、口腔、鼻腔などの形状変化が必要です。こうした変化によって言葉を作ることは構音と呼ばれ、5歳までに9割が確立されます。喉頭、口腔、鼻腔などの構造に異常がある場合は、器質性構音障害と呼ばれます。また、言語を習得する際に間違えて覚えてしまったものは機能性構音障害です。器質性構音障害は手術と訓練によって改善が期待できますし、機能性構音障害は訓練だけで改善の可能性があります。
一方、成人後に脳梗塞などの脳や神経の疾患によって構音障害が起こることがあります。これは運動障害性構音障害と呼ばれていて、言語聴覚士によるリハビリテーションが必要です。また、耳鼻咽喉科や頭頸部外科の手術で構音障害が起こる可能性がありますが、こうした手術の際には構音障害をできるだけ起こさないよう再建手術も行うことがあります。

嚥下障害

嚥下障害嚥下は飲み込む機能です。疾患や外傷、加齢などによって嚥下機能が低下したものが嚥下障害です。嚥下障害を起こすと、うまく飲み込めない、誤って気管に入ってむせやすくなる、肺炎などを合併する可能性が高くなります。脳梗塞をはじめとした脳血管障害によって嚥下障害を起こすことが多いのですが、自然に回復できることもあります。他にも神経や筋肉に起こる疾患で嚥下障害を起こすこともあります。嚥下障害があると食事や飲み物をとる時だけでなく、いつも無意識に行っている唾液を飲む際にもむせてしまうなど生活に支障を及ぼします。
嚥下障害は、内視鏡検査やX線造影検査などで飲み込みの状態を観察した上で診断し、状態に合わせたリハビリテーションを行うことで改善が期待できます。場合によっては、手術が必要になることもあります。加齢でも起こりやすい症状ですから、むせやすくなったなどに気付いたら受診をおすすめしています。


嚥下外来

4月1日より、毎週木曜日(午前・午後)、土曜日(午後)に拡大しています。
※事前予約が必要です。詳しくはクリニックにお問い合わせください。

嚥下障害/構音障害/音声障害向けに一枠30分の外来を行っています。

嚥下障害の症状は様々で、見逃してしまう症状もあります。

よくある症状
  • 声が嗄(か)れる
  • 以前の声が出なくなった(声の高さ声の大きさ)
  • 声が続かない
  • 声が揺れる/震える/割れる
  • がらがらした声が出る
  • 痰がたまる
  • 唾(つば)がたまる
  • 咳払いが多い
  • 口の中が乾燥する
  • 口の中が汚れている
  • 唇や頬、舌の感覚が鈍い
  • 味が分からなくなった
  • 口が常に開いてしまう
  • 飲み込みにくい(乾燥したもの(パン)/固いもの(せんべい)/粒のもの(薬))
  • 呂律が回らない、活舌が悪い(たどたどしい/とぎれとぎれ/はっきりしない/人が聞き返してしまう/こもっている/ふがふがした声である)
  • 食べる時間がゆっくりになった
  • 食べていると疲れてしまう
  • 特定の発音ができなくなった
  • 唾や食べ物が口から流れてしまうようになった
  • 歌えなくなった

このような症状をお持ちの方に、改善悪化の予防(リハビリテーション)を試みます。

構音訓練のご案内~発音でお困りのお子様へ~(言語聴覚士 高野より)

こんにちは。言語聴覚士の高野由紀子です。

皆様のご支援もあり、私の外来も 昨年8月より1年が経過いたしました。
現在、構音訓練を必要とする就学前後のお子様も増えてまいりました。
この度、院長のご配慮もいただき、自費での診療を始めました。

費用 初回(構音検査・構音評価含む): 5,000円
2回目以降 : 4,000円

構音訓練30分(自主トレーニング指導やご家族様へのフィードバックも含みます)となります。
就学前後の発音にお困りの方は、ご相談ください。

実施日時:毎週木曜日の午前・午後、土曜日の午後
※要予約制です。 事前にお問合せください。

電話 045-482-3800(受付)

言語聴覚士 高野由紀子 略歴

資格

言語聴覚士(ST)

所属

  • 日本言語聴覚士協会所属
  • 神奈川県言語聴覚士会所属
TOPへ