糖尿病

動脈硬化から脳梗塞を引き起こす糖尿病

糖尿病糖尿病は血液中に含まれるブドウ糖が過剰になっている高血糖が続く病気です。血液中のブドウ糖は、食事によって取り込まれたものです。通常であれば、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンによって血中のブドウ糖は細胞に吸収されたり、脂肪やグリコーゲンとなって肝臓や筋肉に蓄えられます。インスリンは、血糖値を一定に保つために働いています。インスリンがうまく働かなくなったり、分泌量が減ってしまったりすると血糖値が高い状態が続き、糖尿病を発症します。糖尿病が進行すると動脈硬化を進行させます。これによって脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクが上がってしまいます。また、糖尿病には深刻な合併症がいくつもあって、失明や足の壊死、腎不全になって人工透析が必要になる可能性もあります。


知らないうちに進行する糖尿病

他の生活習慣病と同様に糖尿病も自覚症状に乏しく、かなり進行するまで気付かないことがあります。深刻な合併症を起こしてはじめて気付くこともあります。健康診断で数値の異常を指摘されたら、すぐに受診して適切な治療を受け、定期的な検査によって状態の変化を確かめながら動脈硬化や合併症を起こさないようにコントロールすることが重要です。特に高血圧や脂質異常症など他の生活習慣病を合併している場合には脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクが大幅に上昇しますので、より厳格なコントロールが必要になります。
食事・運動をはじめとした生活習慣の改善を続け、必要があれば適切な薬物療法を行って血糖値・血圧・血中脂肪・適切な体重を維持し、糖尿病の三大合併症である網膜症・腎症・神経障害、そして動脈硬化による脳梗塞・心筋梗塞のリスクを抑えましょう。


糖尿病リスクの高い方

  • 男性は40歳以上・女性は50歳以上
  • 糖尿病の血縁者がいる
  • 肥満している
  • 歯周病がある
  • 1日に1食か2食しかとらない
  • 運動不足
  • ジュースや炭酸飲料、スナックやお菓子をよく食べる

糖尿病の治療法

インスリン療法食事療法と運動療法が基本です。進行している場合などで薬物療法が必要な場合も、食事療法と運動療法を続ける必要があります。血糖値を正常な範囲にコントロールし続けることが重要ですから、あせらず気長に取り組めるよう、当院では無理なくできる範囲の食事や運動に関するアドバイスを行っています。
なお、糖尿病の薬物療法では、内服治療だけでなくインスリン療法を行うことがあります。インスリン療法はインスリンを注射で血中に入れる治療法で、細胞がブドウ糖を適切に吸収できるようにします。

TOPへ