MRI検査

MRI検査とは

MRI検査とは磁力と電波で励起された水素原子は、各組織によって緩和されるスピードが異なります。この速度差を解析して画像として描出したものがMRI検査画像です。さまざまな特質に合わせた画像の撮影が可能であり、骨に包まれた脳や脊髄なども鮮明に撮影できます。また造影剤を使わずに主要な血管を撮影できます。特に、脳、脊髄、血管、関節、軟部組織の精緻な検査には最も適しています。

MRI検査が診断に有効とされる疾患

診療科 疾患
脳神経外科・神経内科 脳腫瘍、脳動脈瘤、くも膜下出血、脳梗塞、脳出血、もやもや病、一過性脳虚血発作、脳動脈解離、脳奇形、脳外傷、脊髄・脊椎疾患、アルツハイマー病、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、片頭痛、顔面神経麻痺、髄膜炎、三叉神経痛、てんかん
消化器外科・内科 肝臓・胆のう・膵臓の腫瘍
整形外科 脊椎(頸椎・胸椎・腰椎)疾患、脊髄腫瘍、脊髄奇形、骨軟部腫瘍、関節の靭帯損傷、半月板損傷
泌尿器科 腎臓・尿管・膀胱の病変・疾患
婦人科 子宮・卵巣の病変・疾患
小児科 全身の病変・疾患
耳鼻咽喉科 内耳、咽頭・喉頭の病変・疾患
眼科 眼球内部の腫瘍

当院のMRIについて

当院では、フィリップス社の高性能1.5Tの最新フルデジタルMRIを導入しています。デジタルですから信号の劣化がなく、短時間に高分解能の撮像が可能です。
また、フィリップス社独自のインボアシステムが搭載されています。これは、お好みの映像と音楽を流すことで快適で居心地の良い検査空間を作り、リラックスした状態で患者様が検査を受けられるシステムです。検査の進行状況や息止めのタイミングなども患者様がモニタで確認できますし、寝台が低いためストレスや負担を軽減できます。

閉所恐怖症の方や小さなお子様も安心してご利用いただけます

従来のMRI検査は閉塞感があるため、閉所恐怖症の方・高齢者の方、小さなお子さんが苦手とするケースが少なくありません。当院のMRI検査に関するご相談の中には

「閉所恐怖症ですがMRI検査はできますか?」

「他院でMRIを取りましたが最後まで撮影できませんでした」

などのご相談を多く受けております。その度に

「同じお悩みを持つほぼ全員の方が撮影に成功されています」

と回答させて頂いております。

当院のMRI室の特徴はいかにも検査施設という重苦しい雰囲気とは違って照明が明るく、開放感のあるアトラクション施設のような雰囲気の部屋となっています。また、奥行きを感じさせる映像と落ち着いた音楽が流れるインボアソリューションシステムを導入しております。
このシステムは横浜北部地区では当院が唯一の導入診療所となっております。


こちらがインボアシステムの紹介動画です。疑似体験タイプの映像となっておりますので、ぜひご覧ください。

Philips MRI In-bore Experience


撮影時に頭部の上に大きめで圧迫感の少ないヘッドを被せます。このヘッドには鏡が付いており、映像が映し出されます。装着していただくヘッドホンからは癒し系の落ち着いたBGMが流れます。

インボアが快適な撮影と、耳に入る機械音の軽減を実現します。患者様がリラックスした状態で検査を受けられるシステムです。MRIの大きな動作音がする機械です。そのため、音が完全になくなるわけではありませんが耳に入ってくる動作音はかなり軽減されます。

実際に当院のMRIを体験された患者様からは

「楽しかった」「閉塞感がなかった」「リラックスできた」
という喜びのお声をいただいております。

MRI撮影を行う患者様は初診でもご予約を承っております。

事前にお電話にてご相談いただければ、余裕をもって検査できる日時をご案内致します。その際は、閉所恐怖症である旨をスタッフまでお伝えください。ご希望の場合は検査前にMRIを見学することも可能です。ぜひ、お気軽にお越しください。

早期アルツハイマー型認知症発見に有効な「VSRAD」

アルツハイマー型認知症では、海馬傍回付近の萎縮程度を確認することが正確な診断に有効です。ただし、海馬傍回はとても小さいので微細な変化を捉えて早期発見につなげることが困難です。「VSRAD」は、MRIの検査結果をAI解析して海馬傍回の萎縮程度を客観的に評価するために用いる画像診断装置です。
「VSRAD」登場以前は、認知症の正確な診断のための検査として、造影剤を用いるPETやSPECTが行われてきました。従来のこうした検査に比べて「VSRAD」は患者様のお身体への負担がなく、事前の絶食も必要ありませんし、検査時間も大幅に短縮できます。
検査結果はご家族に説明しやすいように画像をお渡ししています。


MRI検査当日の流れ

Step1 受付

受付診察用問診票とMRI用問診票をご記入いただきます。

Step2 問診

問診症状、お悩みをお伺いいたします。

Step3 検査

検査MRI検査を実施いたします。撮影時間は頭部で20分程度となります。

Step4 画像診断

画像診断技師による画像確認、医師による診断が行われます。

Step5 説明

説明医師による結果のご説明、適切な治療のご案内を行います。


撮影当日に結果のご説明までしています

撮影当日に結果のご説明までしています当院では、頭部MRI、VSRADの検査画像を脳神経外科専門医が読影し、結果をその日のうちにお伝えしています。
初診で受診される方がその日のうちに頭部MRI検査を受けることも可能ですが、その場合は午前中のご来院をお願いしています。
なお、他院からご依頼いただいた頭部以外のMRI検査に関しては、放射線科などの専門医に読影を依頼しているため、結果をお伝えするまでに数日かかります。


MRI検査ができないケース

  • 心臓ペースメーカー、除細動器を使用している
  • 人工内耳、人工中耳を使用している
  • 頭部のシャント術、脳動脈瘤クリップ手術を受けた(担当医にMRI可否の確認が必要)
  • 2~3ヶ月以内に内視鏡的手術で止血用クリップ処置を受けた(担当医にMRI可否の確認が必要)
  • 1ヶ月以内に血管内ステント・血管内フィルターによる処置を受けた
  • 脳深部刺激装置を使用している
  • 脊髄刺激装置を使用している
  • 眼球内に金属片が存在する可能性がある
  • 子宮避妊具(リング)を使用している
  • 入れ墨やアートメイクがある
  • 磁石式義歯を使用している
  • 妊娠している・妊娠している可能性がある(安定期では可能なケースがあります)

なお、骨折治療のためのプレートやネジ、差し歯などは基本的にMRI検査が可能ですが、材質の確認が必要です。また、その部分の画像がひずんで診断が難しくなる場合があります。
なお、検査中に材質が確認できない金属が発見された場合、その場で検査中止になることがあります。

検査前のご注意

入れ歯、コンタクトレンズ、眼鏡は検査の際に外す必要があるため、ケースなどをご持参ください。
マスカラやアイシャドウ、ネイルなど、化粧品には微量な金属が含まれていることがあり、そのままではヤケドをする可能性がありますので、ノーメイクでご来院ください。

TOPへ