脂質異常性

脳卒中を引き起こす脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症血中の悪玉コレステロールや中性脂肪が多すぎる高脂血症と、善玉コレステロールが少なすぎる状態が脂質異常症と呼ばれます。脂質異常症は、動脈硬化の発症と進行の大きな原因になっていて、血管の狭窄や閉塞のリスクを上昇させます。こうしたことから、脂質異常症を放置してしまうと脳卒中や心筋梗塞など、命に関わる深刻な疾患を突然起こすリスクが上昇してしまいます。特に、脂質異常症は自覚症状なく進行するため、定期的な検査が不可欠です。また、女性は女性ホルモンの分泌量が少なくなると脂質異常症を起こしやすくなるため更年期や閉経を迎えたら注意が必要です。


脂質異常症(高脂血症)リスクの高い方

  • 男性は40歳以上・女性は50歳以上
  • 喫煙習慣がある
  • 肥満している
  • 肉類や脂っぽいものを好んで食べる
  • 野菜や果物をあまり食べない
  • ジュースや炭酸飲料、スナックやお菓子をよく食べる
  • 運動不足
  • ストレスが多い
  • 痛風・糖尿病など他の生活習慣病がある
  • 脂質異常症の血縁者がいる

自覚症状がない脂質異常症

脂質異常症は、自覚症状がないため健康診断を定期的に受けていないと発見が遅れます。また、数値で異常を指摘されても放置してしまうケースも少なくありません。ただし、脂質異常症は動脈硬化の主原因ですから、数値に異常があったらできるだけ早く適切な治療を受けないと、知らないうちに進行して脳梗塞をはじめとする脳卒中、心筋梗塞のリスクが大幅に上昇してしまうのです。
また、脂質異常症は適切な治療を続けて改善されても自覚できません。自覚症状がないということは、悪化しても改善しても気付かないということなのです。そのため、つい気がゆるんでコントロールが続かなくなって動脈硬化を進行させてしまうケースもあります。
当院では、定期的な検査結果の数値を比較することで効果的な治療を行っています。脂質の値や動脈硬化に不安を感じた際には、気軽にご相談ください。


脂質異常症(高脂血症)の治療法

食生活を改善することが重要です。肥満を解消して、脂質異常症のタイプに合わせた食事制限を行います。また、習慣的な運動も重要です。
生活習慣の改善では脂質の数値が良くならない場合や、動脈硬化が進行してしまっている場合には、薬物療法を行ってコントロールします。ただし、その際にも生活習慣の改善を続ける必要があります。

TOPへ