コラム

待ち時間が少ないクリニックは正義なのか?

local_offerコラム

こんにちは。
田園都市線沿いの脳神経外科・脳神経内科、横濱もえぎ野クリニックです。

本日は病院とは切っても切れない関係である「待ち時間」についてのお話です。

好んで長時間待ちたいという患者様はおられないと思います。
ですので、待ち時間が短いことは有意義です。

しかし、待ち時間だけでクリニックを探すのは良いことでしょうか?
一緒に考えていきましょう。


待ち時間の少ないクリニックは以下のいずれかに該当します。
・患者数が少ない
・診察時間が短い
・同時に複数の医師が診療している
・完全予約制

1.患者数が少ない
一言で言うなら繁盛していないクリニックです。なぜ繁盛していないのか?
一番多い理由は「また行きたいと思った患者さんが少ないから」であることは容易に想像がつきます。
勿論、患者数が少なくても良いクリニックはありますが、訳ありの可能性が高いことは否めません。
※自費診療中心などで元々患者数が少ないところもあります。

2.診察時間が短い
患者様を手際良く回すには、一人一人の診察時間を短くすることが効果てき面です。
一日で80人や100人を診療するクリニックが、一人に10分も20分も掛けていたら大変なことになります。
ですので、必然的に診察時間は短くなります。とは言っても悪い先生とは限りません。
適当に見ているかどうかは先生次第です。端的に要点をスマートに伝えてくる先生もいます。
ですが、こちらから質問を投げ掛けることは難しく、込み入った相談は露骨に嫌がられたり、途中で話を切られるケースが多くなりがちです。

3.同時に複数の医師が診療している
診療科別に先生が複数人いたり、同じ診療科で2名体制のところもあります。
このケースは診療科により混雑具合に偏りが見られることが多く、実際に行ってみないとわかりません。
また同じ診療科でも先生が日変わりする場合、A先生の日は混雑するが、B先生の日は空いているという現象が起こります。
院長は人気で混雑しているが、他の先生は空いているといった事例はよくあります。

4.完全予約制
予約患者様のみを診療対象としているクリニックです。
歯医者さんをイメージしていただくとわかりやすいかと思います。
最初から1人〇分と枠が決まっており、大きく時間がズレることなく診てもらえます。
歯医者さん以外には心療科や自費診療中心のクリニックで目にする方式です。
一般のクリニックでは予約制はあれど完全予約制は少ない傾向にあります。


結論
待ち時間の少ないクリニックはメリットもあり、デメリットもありというのが答えです。
例えば、いつもの薬が欲しいだけなら待ち時間と診察時間は短いほうが助かりますよね。
逆に不安が募る症状で受診する場合は、ちゃんと診察してもらい、しっかり結果説明を受けたいですよね。
つまり、どのような理由で受診されるか次第ということです。


ちなみに、当院の方針は「しっかり診察、しっかり結果説明」です、
脳神経外科という診療科は頭の問題で受診されるため、他の科よりも患者様の不安度が高くなります。
そのため、「患者様に自分の状態を理解してもらい、安心して帰ってもらう」をモットーに診療を行っています。

「はい、検査は問題ないですね。薬を出しておきます。」といった説明のない1分診療は行いません。
多少待ち時間が長くなっても「ちゃんと診てもらえた」と感じていただける診療を目指しています。

勿論、診察以外の部分では待ち時間を短くするための努力はしております。
実際に混雑時の待ち時間は以前と比べて改善しております。
ですが、「30分しかいられない」「待てない」という方のご要望にお応えするのは、厳しいものがあります。
患者様をしっかり診察するためにはどうしても時間が必要です。どうかご理解ください。

この記事が病院探しの参考になれば幸いです。
皆様に良い病院との巡り合わせがあることを願っております。

TOPへ