コラム

芥川龍之介が閃輝暗点だった話

local_offerコラム

こんにちは。
横浜市青葉区の脳神経外科・脳神経内科、横濱もえぎ野クリニックです。

当院では昨年から非常に多くの閃輝暗点の患者様を診ています。
当院を信頼して来ていただけること、非常に嬉しく思っております。
ありがとうございます。


さて本日の主題です。芥川龍之介が閃輝暗点だった話をします。
有名な小説家で名前を知っている人も多いかと思います。

実は彼は重度の閃輝暗点を抱えていました。
彼が書いた作品の一つに歯車という小説があるのですが、
この歯車とは閃輝暗点の症状が出た時の事を指しています。

彼は35歳で自らこの世を去ってしまうのですが、そうなった理由の一つに
閃輝暗点で精神を病んでいったと言われています。

彼は閃輝暗点の原因を正しく理解していなかった事から
医師に適切な説明を受けていなかったと考えられます。

眼科を受診した際には喫煙が原因だという説明をされ、
吸う前から出ている症状だと不満を持ったとの記載もあります。


症状から察するに、偏頭痛からくる閃輝暗点で間違いないでしょうが
そうは説明してもらえなかったのでしょう。

閃輝暗点は強い不安感を覚える症状が出ます。視覚的に訴えてくるので怖いです。
原因がわからないと本当に不安になります。


当院に来られる患者様からも、不安感を払拭したいという思いを強く感じます。
そのため、きっちりとMRIで精査を行い、患者様自身が理解できる説明を心掛けています。

「脳疾患が原因ではない。」という事がわかると非常に安心されます。
それを聞いてほっとする患者様、笑顔になる患者様が実に多いのです。


残念ながら閃輝暗点に対する薬は存在しておらず、治療法がありません。
ですが、多くの患者様を診る中で知見が備わってきたので、
必要とする患者様には改善するかもしれない方法をご案内することはあります。

まず閃輝暗点=偏頭痛とは限りません。お医者様でも誤解されている方がいます。
ですから、偏頭痛薬を出せば必ず効くわけではないです。

また特定の栄養素を補給してもらう事で、起こりにくくなる方はいます。
これは時々処方することがあります。


尚、閃輝暗点を伴う偏頭痛持ちは天才が多いという話があります。
患者様との小話でもちょくちょく耳にします。

症状が出ている時に天才的な発想が出ると言われていますが、
血流の問題が改善した際に出る症状なので、脳が普段と違う状態にあることは確かです。

ですので、丸っきり嘘とは言い難いです。そうであっても不思議ではありません。

こちらは閃輝暗点関連で人気の記事です。是非ご覧ください。

【漫画でわかる】目がチカチカする,視界キラキラ,視界の端が波打つ【閃輝暗点】

 

記事監修

院長 泉山 仁

横濱もえぎ野クリニック 脳神経外科・脳神経内科 院長
日本脳神経外科学会専門医、日本脳卒中学会専門医

35年以上の経験を持つベテラン医師。モットーは真心のある診療。患者様にしっかりと説明を行い、よく理解してもらう事を大切にしている。気さくで親しみやすい診療が評判を呼んでいるが、実力の伴う医師である事も重要だと語る。現在もその経歴に奢ることなく勉学に励み続けている。



横濱もえぎ野クリニック 脳神経外科・脳神経内科

診療日:月~木曜日、土曜日 午前:9時-13時 午後:15-18時 駐車場あり

〒227-0048 神奈川県横浜市青葉区柿の木台4-7
東急田園都市線藤が丘駅より徒歩8分、青葉台駅より徒歩13分。



初診でMRI希望の方は事前にお電話でご予約ください。


混雑時はお電話に出られない場合があります。
その場合はお手数ですが、数分後に再度お掛け直しください。

電話番号:045-482-3800

TOPへ