コラム

MRIは怖い機械ではありません。

local_offerコラム

こんにちは。
藤が丘駅、青葉台駅の横濱もえぎ野クリニックです。

突然ですが皆様に質問です。

「MRI」という機械に、どのようなイメージをお持ちですか?
"大きい"でしょうか?、それとも"怖い"でしょうか?

今回はMRIがどのような機械か、実際に検査を受ける場合はどうなるのかを説明していきます。


*MRI検査とは?

MRIはMagnetic Resonance Imagingの略称となります。
日本語で言うならば磁気共鳴画像装置です。

磁石と電磁波で身体の内部を撮影することができます。
放射線は使いませんので被爆の心配はありません。
人体への影響がないため安心して受けられる検査となります。

撮影可能部位は全身に渡り、脳から足まで様々な部位を撮ることができます。
特に骨盤内の病気を発見することに優れており、脳や前立腺の検査で重宝されています。


*どのように撮影するのか?

検査前に金属類、カード類や携帯電話を外していただきます。
これは磁力に対して反応する機械であるため、金属が含まれる物を持ち込むと危ないからです。

そのため、検査着に着替えてもらう場合が多いです。

撮影時は寝台に寝転がっていただきます。
撮影中は静かに横たわっているだけです。特別何かをする必要はありません。

撮影は部位によりますが、脳の場合は15分~20分程度が目安です。


*MRIは怖いのか?

結論から申しますと、MRI検査は怖い検査ではありません。

しかし、なぜ怖いと思われるのか?
MRIが怖いイメージを持たれる目ぼしい理由を挙げていきます。

・どんな機械かわからない。

・大型で威圧感がある。

・寝台周りが狭く閉塞感がある。

・音が大きい。

・すぐに終わらない。


一般的なMRIの場合はたしかに威圧感があり、閉塞感があります。
但し、健康に害がある検査ではなく、横たわっているだけで検査は終わります。

検査を行うことで何か悪いことが起こる機械ではありません。


当院のMRIでは、横浜北部地区では唯一のインボアソリューションというシステムを導入しています。
これは撮影中に映像と音楽が流れる仕組みです。

MRIは閉所恐怖症の方にとっては難しい機械で、撮影が上手くできず困っておられる方がいます。
原因は検査室の雰囲気、そして音の大きさと圧迫感です。

当院では閉所恐怖症の方がほぼ全員撮影に成功しております。
これは当院が不安感の少ないMRI検査を実現している証でもあります。

こちらは当院のMRI検査の紹介ページです。
https://www.ymc3838.com/mri/#a01

閉所恐怖症向けの方への詳細なご案内もあります。
併せてご覧ください。

MRI撮影で悩みの方は、一度当院にご相談ください。

TOPへ