コラム

未破裂脳動脈瘤とは?死ぬのか?破裂率は?

local_offerコラム
local_offer頭痛

こんにちは。
横浜市青葉区の脳神経外科・脳神経内科 横濱もえぎ野クリニックです。

今日は未破裂脳動脈瘤に関する確率について書いていきます。

未破裂脳動脈瘤とは?

脳血管の一部がこぶ状に膨れ上がったものを指します。
こぶが大きくなると血管が破れやすくなります。
破れるとくも膜下出血となり、生命に危険が及ぶ状態になります。

くも膜下出血の詳しい説明は下記ページをご覧ください。

くも膜下出血


自覚症状はあるの?

基本的には破裂しなければ自覚症状はありません。生活にも影響はありません。
但し破裂すると前述の通りくも膜下出血となり、死亡する可能性があります。

死亡リスクは動脈瘤(こぶ)の大きさによって大きく変動します。


どれぐらいの割合で見つかるの?

日本人のうち3%~5%程度は未破裂脳動脈瘤持ちと言われています。

ですが、3mm未満の大きさの場合は低リスクに分類され、
長期的に見て大きさに変化がなければ問題はないとされています。

ですので、動脈瘤が見つかった=死ぬではありません。
どの位置にあり、どの程度の大きさかが重要です。


十年間の破裂率は?

サイズ別破裂リスク(1年以内に破裂する確率)

3-4mm:0.36%
5-6mm:0.50%
7-9mm:1.69%
10-24mm:4.37%
25mm-:33.40%

これを10年間に置き換えると以下のようになります。

サイズ別破裂リスク(10年以内に破裂する確率)

3-4mm:3.54%
5-6mm:4.89%
7-9mm:15.67%
10-24mm:36.04%
25mm-:98.28%

手術を行うか、経過観察にするかは、完全にケースバイケースです。
年齢、動脈瘤の位置、動脈瘤の大きさ、本人の意思を考慮し、検討します。

もし、頭痛等があり不安に感じる場合は、MRI検査を行うことで動脈瘤の有り無しを確認できます。
MRIは当院でも受けられます。受診日当日にMRIの撮影から結果説明までを全て行います。

検査を希望される方は初診でもご予約が可能です。
事前にお電話にてお問い合わせください。


 

横濱もえぎ野クリニック 脳神経外科・脳神経内科
診療日:月~木曜日、土曜日 駐車場あり

〒227-0048 神奈川県横浜市青葉区柿の木台4-7
東急田園都市線藤が丘駅より徒歩8分、青葉台駅より徒歩13分。

初診でMRI希望の方は事前にお電話にてご予約ください。
当日予約も可能です(撮影部位が頭部の場合)。

 
混雑時はお電話に出られない場合があります。
その場合はお手数ですが、数分後に再度お掛け直しください。

電話番号:045-482-3800
TOPへ