コラム

電車内でのコロナ対策 10の方法。

local_offerコラム

こんにちは。
青葉区藤が丘の脳神経外科・脳神経内科、横濱もえぎ野クリニックです。

本日は電車内でのコロナ対策についてのお話をします。

まず、前提として密を避ける、つまり電車に乗らないことが一番の感染対策です。
しかし、現実問題として鉄道は通勤・通学や外出に欠かせない交通機関です。

そこで今回は可能な限り感染リスクを避ける方法を紹介したいと思います。


1.乗車時に高性能なマスクを着用する。

コロナ禍初期に話題になったN95マスクなど、ウイルスからの防護性能が高いマスクが存在します。
デメリットとして息苦しさがありますので、常時の着用はしんどいかもしれませんが、電車に乗る時だけでも使う価値はあります。
また、通常のマスクを使用される場合は不織布マスク(サージカルマスク)を推奨します。
ウイルス対策ではウレタンマスクや布マスクより不織布マスクが優れています。


2.できるだけ満員電車を回避する。

通勤・通学で乗車される方はどうしても混雑する時間帯とバッティングしてしまいます。
しかし、できる限りのことはやりましょう。快速、急行よりも各駅停車を利用する、当駅始発の電車を利用する等。
可能な限りラッシュ時と時間をズラして少しでも乗車率の低い時間帯に乗りましょう。


3.中央付近の車両への乗車を控える。

電車は通常中央付近の車両が一番混雑し、端の車両にいけばいくほど空いています。
中央付近が混雑気味でも先頭車両や最後尾車両はガラガラということはよくあります。
混雑具合がわかるアプリなども使い極力空いている車両に乗りましょう。


4.大きな声で会話をしている乗客から離れる。

コロナ感染対策として会話を控えるようアナウンスを行う鉄道会社もありますが、
昨今は気の緩みからか以前よりも電車内で会話をする乗客が増えたように見受けられます。
中には大きな声で会話を続けたり、マスクを外して酒盛りを始める人たちもいます。
そのような人たちの周囲にいることは極めて感染リスクが高まるので、すぐにその場を離れましょう。


5.混雑時にドア付近に立たないようにする。

混雑時のドア付近は最も乗客が過密になりやすい位置です。
ドア付近が混んでいても車両の中ほどは空いている場合がありますので、
その際は迷わず少しでも空いている位置で移動しましょう。


6.混雑時に席に座らないようにする。

ウイルスは上から下へ降ってきます。足がある分立っている乗客との隙間に落ちるので安全という意見もありますが、
目の前に立っている複数人のうち誰かが咳をしたら最悪です。降りかかるウイルスを正面から受ける形になります。
座っていれば安全というわけではないことを認識してください。


7.空いている時でも可能な限り離れて座る。

1席空けでの着席が恒常化しましたが、お昼時など特に車両が空いている場合は積極的に2席以上離れて座りましょう。
とにかく他者と距離を取ることが大切です。


8.できるだけ触れないようにする。

立っている場合はどこかしらに掴まると思いますが、ポールやつり革を通じての感染リスクも存在します。
必要以上に複数の箇所に触れないようにしましょう。


9.背を向けて立つ。

感染リスクを抑えるためには人と対面で向き合わないことも大切です。
しかし、混雑した車両ではそれは難しく、どうしても誰かと真正面から向き合いがちです。
先頭車両や最後尾車両の端で運転席側を向いて立つ、中間車両で車両の繋ぎ目の前に立つ
といった方法で顔が向き合わないように心掛けましょう。


10.窓が開いているか確認する。

気温や天候の関係か、窓が乗客によって閉じられている車両に出くわすことがあります。
乗車時は窓が空いているか、しっかり空気の流れがあるかを確認しましょう。

TOPへ