コラム

高血圧の自覚症状と懸念点。

local_offerコラム

こんにちは。
内科診療も行っている脳神経外科、横濱もえぎ野クリニックです。
近隣の徒歩圏内地域は青葉区のもえぎ野、柿の木台、みたけ台、桜台、藤が丘の駅より、青葉台の藤が丘よりとなります。

本日は高血圧に関するお話をします。


高血圧とは、安静にしている際の血圧が高い状態を指します。
具体的には最高血圧が140以上である方が該当します。
※高血圧の基準を130以上とされる先生もいます。

わが国では高血圧症は非常にありふれた病気です。
特に75歳以上の高齢の方は約7割の方が高血圧に該当します。

血圧が高い状態が続くと、様々な病気を誘引します。
代表的なものは動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞、腎臓病などがあげられます。


高血圧の厄介なところは自覚症状が出にくいことにあります。
そのため自身の血圧を把握しておくことが大切です。

また、症状が出にくいとは言え、最高血圧が170や190といった
重度の高血圧状態が続くと頭痛やめまい、肩こりなど、
肩より上の不調を訴えることが多くなります。

この段階で自覚症状が出て当院を受診されて
初めて高血圧状態が発覚する患者様もいらっしゃいます。


高血圧は決して他人事ではありません。
高齢者に限らず多くの方が抱える問題です。

若年層、中年層の方も慢心せずに、ご自身の健康状態の把握に努めましょう。

TOPへ