コラム

ご年配の方、お口の中が乾燥しませんか?

local_offerコラム
こんにちは。
摂食嚥下外来を行っている脳神経外科、横濱もえぎ野クリニックです。

本日は嚥下外来を担当されている高野先生からのコラムです。

 

そういえば、朝、喉が渇いている。と、いう方はいらっしゃいませんか?
これは口呼吸が原因のこともありますが、老化による機能低下の可能性があります。

 
口の中の水分が失われると、舌も乾燥して動きが弱くなります。
舌は食べ物を食道に運ぶ役割をしています。また、声がかすれて出にくくなります。 

口の中の唾液が少なくなり、つばを『ゴクン』と飲むのもスムーズにできなくなります。
乾燥に対して、水分補給を促しますが、水分でむせる方がいます。

安全な方法として、唾液を飲むことをすすめます。
唾液を意識的に飲むのは、30秒間に3回くらいは必要ですが唾液量が少ない場合には、唾液腺マッサージを行います。

つばが出るところは3か所あります。
唾液には、自浄作用や消化を助ける役目があります。

耳下腺(じかせん)、顎下腺(がっかせん)、舌下腺(ぜっかせん)を刺激して唾液を出し、口の中につばが溜まってきたら、うなずいて『ゴクン』を誘導します。
顔を上に挙げた状態でつばを飲むと、気管に入ってしまい、むせてしまうこともあります。
唾液を『ゴクン』と飲めずにむせたり咳払いがある時には、嚥下に問題があることが多いです。

自覚症状のある方は放置せず、ぜひ一度当院の嚥下外来までご相談ください。
言語聴覚士が行う嚥下訓練は、院長の指示の下受けることが可能です。)
TOPへ